あまだれのごとく

時々迷い込む後悔の森

27.7.2020

気づけば、窓の外でセミがジリリと鳴いている
かと思えば、雨垂れがぽつぽつ、音を立てたり
途端に、豪雨が轟いたり

 

今年は、梅雨がやってくるのが遅くて、
それでいて、妙に長く感じる

 

地面に近い私の部屋には、特にこの時期
立ち上る大地の湿った匂いが押し寄せて、
べとつく足の裏が、妙に陰鬱さを引き立てる

 

 

 

この二週間、いいことも、いやなことも、両方あった
つい先日まで、
ままならないことへの苛立ち、不安、苦しさを、
両膝と一緒に抱えていたけれど

 

ある時、
私は意見がない人間なのではなくて、
他人を観察しているうちに、意思がどこかへ流れていってしまうのだな

 

そう気づいた瞬間、ぱっと霧が晴れたように、
私は数年来、置き去りにしていた自信を取り戻したように思った

 

私の自意識を支えているのは、
確かな情報源から念入りに擦り込まれた知識と、
それらを代入するための、方程式

 

 

新たな分野へ足を踏み入れたことで、
心許無い空白まみれの知空間、
その不安定さが揺らした方程式の枠が、
日蔭から出る勇気を、まるで失わせていたのだと思う

 

間違っていたとしても、自分の論拠に従っていれば、
逆説的だけれど、間違いに対して納得できる
けれど私は、私自身が信じてもいないことをわざわざ発することを、恐れた

 

その出任せからレッテルを貼られることに怯えて
全て、ごっちゃにしていたようだ

 

間違えていても、提出しなければ、
丸付けはできなくて、
永遠に迷宮入りしてしまう

知らないうちにこびりついた水垢のように、
削ぎ落とすのが、日に日に難しくなってしまうだろう

 

他人を思いやる配慮は、どんな場合にも必要だけれど、
それは私の考えを闇に葬る理由にはならない

 

だから、ちゃんと胸を張って、言いたいことは言おう
そのための準備は、もう十分に積み重ねてこられた、はずだとおもうから

 

ふと外に出た時に切り取られていた、青空
この青色を懐かしくおもうような日が、
くるなんて誰が想像しただろうか

 

f:id:wannaelfeternal:20200727230217j:plain

 

 

 

 

9.7.2020

どうして、私は外国で、独りで暮らすことに
こんなにも、憧れとこだわりがあるのだろう

 

別に、特段やりたいことがあるわけでもないのに
憧れだけが先行していて、馬鹿みたいだ

 

このことを、しばらく考えていて
車に揺られている時に、
外のぐずついた天気を眺めていて、
ふと、腑に落ちた

 

私は、私が選んだものに囲まれていなければ、
自分が「自由である」と感じられないのだな

 

その時通っていた道は、
多分、幼い頃から一番、
車を使った行き先としては慣れ親しんだ場所の脇道

 

 

何も、この願望についてだけではない

 

私の部屋は、ピンクの花柄の壁紙で囲まれているのだけれど
それがすでに、息苦しくて
「変えたい」とわがままを何度言ったことか、わからない

 

私が小学一年生の時に
この部屋の壁紙を張り替えたのだけれど
確か、私はブルー基調の壁紙がいい、と主張したのに
「そのうち、気にいるようになる」
とかなんとか、母親に言いくるめられて
この壁紙になってしまった

 

言っても、仕方のないことだけれど、
この件に関しては、かなり母親を恨んでいる

 

この壁紙は、私に昔から求められているイメージ像の圧を与えるだけでなく
私が求めるインテリアに、何一つ合わないし
小さい頃から永遠に、
この空間に対する違和感を感じ続けている
この文章を部屋で打ち込んでいる、今も

 

これだけではないけれど、
昔からの友人には、私へのピンクのイメージがこびりついていて
本当は、一番苦手な色なのに
追い討ちをかけるような、小花柄

 

 

私は、随分とずぼらで適当な割に、
変な部分でこだわりが強くて、
しかもそのこだわりを言語化して、
客観的に説明できないことが、あまりに多い

 

その自分の性分に、散々苦しんできたけど
要は、自分のセンスで選んでいるか、どうかなのだ

 

私に選ばれたものでなければ、私のもの、という感覚が得られなくて
得体の知れないものの上を、歩んでいるような気持ちに陥るのだ

 

だから、私は英語じゃなくてドイツ語を選んで、
誰にも相談することなく、迷いなくこのゼミに入って、
この学部に入って、でもどの組織にも属さないことを選んだんだね

 

だから、私は何を選ぶにしても
決定過程に、あるいはその背景に、
私なりの「ものがたり」を求めるのだと思う

 

結局、私は人から何か教えてもらえばもらうほど、
それが主観的であればあるほど
自身への影響をブロックしてしまっているのかも知れない

 

つまり、それが私の頑固さ

 

もちろん、憧れだけでは
人を納得させられないから、
色々、脳みそを使って考える必要はあるけれど

 

それでも、これだけは確かな事実


私は、私の感覚から逸れた決断は、
どんなに客観的な理由づけがあったとしても、
効率的に見えたとしても、
結局、下すことができない

 

だから、それ以外のことに、あまり時間を使うのは
私の人生的に、価値観的には
どうやら正しい選択では、ないみたい

 

 

26.6.2020

「なんとかしよう」と焦って行ったことが
結果的に上手くいかなかったり、
どうしてか説明できないけれど、
多分そうではないのに、
全ての責任が自分にあるように感じてしまう時がある

 

それが、今日だったのだと思う

 

ほとんど、不運が重なった結果だけれど、
責任がないわけではない

 

私の心がしんどくなるのは
100%自分に責任があるときではなく、
いくつかの責任は確かにあるけれど
まるで全てに対して矢面に立たされたような場合、だ

 

上手く説明したくても、できないし
簡単に助けが得られないとき

 

板挟み状態ほど
精神が不安定になることはない

 

こうした時、いろんな思いが邪魔をして、
何をどう反省したらいいのか分からなくなって、
もやもやした思いを抱えたまま、夜まで過ごすことになる

 

まあ、今日はダメな日だったんだな、総じて
と諦めるしかないのだけれど

 

事態が好転することを
祈ることしかできないかな、今は

25.6.2020

「正確に言葉に出せば通じ合える」という前提に立つと、
その前提が勝手なものだったと、思い知らされる瞬間がある

 

「分かってる」と口にするのは簡単で
分かってあげたいと相手が思っていることも伝わっていて
私だって分かってもらいたいと思っている
でも、伝わっていないものは、伝わっていないのだと思う

 

本当に絶望している先について認めてしまうと、
淵に落ちて戻れなくなってしまうから
他の可能性に理由をなすりつけている

 

相手の理解能力がないせいにしたとしても、何も解決しなくて
結局、私の言葉の選び方が悪いのか、と思うと絶望の度合いが減るけれど
なんでこんなにも不自由なんだろう、と
苦しくて悲しくなる

 

このまま、一生孤独で、
結局誰にも私自身は伝わらないんじゃないかと

 

すり抜けていくおもいと、
すり抜けていった時間が、ただただ惜しい

21.6.2020

格差社会について考えていて、
社会保障制度で「社会的弱者を救済する」っていう
その態度がそもそも気に食わない
というかおかしいんじゃないかって、ふと感じた

 

人間というのはそもそも社会的生物であって、
集団を形成することで、勝ち残ってきた、という説があるとする

 

だから、人はなるたけ大きな数の人間を取り込めるシステム、
すなわち「社会」を作り上げたのだと

 

それは詭弁だ、と私は思う

 

システムはほとんどの場合、多数の合意のもとに作られた試しがない
それは基本的に、強者の理論で組み上げられるものだ

そもそも、人間の能力には個体差がある
例えばシステムを作るのに長けた才能を持つ人もいれば、
全くそれとは関係ない才能を持っている人だっている

 

けれど、「社会」という前提がそもそもあるからこそ、
必然的にそのルールの中では強者・弱者があらかじめ、決められている

 

人間の存在そのものが平等であったとしても、
社会の中で完全に平等に扱われる可能性というのは、無に等しい
だって、社会とは秩序という名のルールでできており、
秩序とは序列をつけることに他ならないから

 

私は、人間世界が無秩序になればいい、
ということを主張したいのではない

そうではなくて、社会保障制度とは、
一般的に見なされているような、
強者が弱者に与えている「情け」なんてものではなくて
ある一定の能力を持った人たちが、ルールを定めて、社会を作った
「強者」が強者としてあることを「弱者」に乞うための、
一種の「免罪符」であると考えられなければならないのではないか、と思うのだ

 

これは極端すぎる議論であることは、分かっているけれど
それでも私が鼻持ちならないのは、
「強者」のグループに含まれている人間の中に、
あまりにも選民思想が強い者が、あまりに多すぎるということ

 

それは露骨な形で現れている部分だけを言っているのではない
勝手に作ってきたルールを押し付けて、
即「社会」に貢献できる、役に立つ人間だけを評価したがる
この世の中自体に、私はもう辟易としているし、絶望すら感じる

 

社会で役に立つか立たないか、確かにそういった指標はあるだろう
だからってそれを人間個人の価値判断と同一視する人間が、多すぎる

 

そんなことだから、格差は広がる一方で、
数値上は豊かであっても、
全然豊かさを感じられない人々が増え続けているんだと、思ってしまう

 

「弱者」は、社会的地位があるかどうか、経済力があるかどうかではない
それはちっとも、本質的な部分ではない(但し、実質的な部分ではある)

 

最終的な「弱者」というのは、
人類が築き上げてきた「社会の大いなる流れ」に取り残されていく人たちだ
この社会の中で生きていくことに対して、
全く、意義を見出せない人たちのことだ

 

私はそうしたことを考え続けていきたいのに、
世の中はどうでもいいことにばかり
あくせくしているな、と思ってしまうばかりで

 

でもこんなことも、きっと、社会にマトモに出たことすらない、
学生の戯言に過ぎないのかもしれない、と思って
どう解釈したらいいのやら、悩むばかりだ