あまだれのごとく

時々迷い込む後悔の森

7.1.2021

昨日は深夜3時まで、
大親友と久々のオンライン通話

 

最後に会ってから一ヶ月しか経っていないのに、
主に私の周りであまりにも物事が
目まぐるしく動きすぎて
思わぬ時間まで、もつれ込んでしまったのだった

 

そんな楽しい時間を過ごしたおかげで、
今日はきっちりとフラグを回収するように寝坊

 

ゼミでの写真撮影は、
来週対面で会う時に行う予定だったのだけれど、
緊急事態宣言が出そうな時勢を考慮して、
急遽本日行われることになったのだった

 

記念写真となれば、
流石にノーメイクで行くわけにもいかず
いやはや、よく20分で支度が間に合ったものだと思う

 

結局わずか30分のためだけに、
1000円近い交通費を払ったわけだけど、仕方ない

 

帰り道、友人の一人と途中まで電車が同じで
その時に、教授から聞いた話などをシェアしてもらった

 

曰く、
「最近の若い人は、短期的な目標を設定して達成することができても、
そこにビジョンが伴っていない人が多い、だから大成できない」
とのこと

 

その友人は、まったく非の打ち所がないと言っていいほど、
素晴らしい人間だと私は思っている
けれど、その指摘は彼女に深く刺さったらしい

 

大学生の間、彼女は本当に色々なコミュニティに所属して
数々の挑戦へ足を踏み入れてきた
けれど、その忙しさの中で、
本来、行動の指針となるべき長期的ビジョンを
考えることができていなかったのかもしれない、と言った

 

そして今では、元々そういった野心を持つタイプではなかったのだけど、
やっぱり色々なところから影響を受けて、
仲介者の立ち位置に甘んじるのではなく、
「創る側」に立ちたい、と思ったのだそうだ

 

私は、といえば、近頃、
ベクトルは違うけれど
やっぱり、「創る」ことを辞めることは、
生きがいを失うことに等しいのではないか
という結論に至りつつある

 

昨夜のオンライン通話でも、
もっとプライベートな反省からも判明したことなのだけれど、
私は「他者に話を聞いてもらいたい」という思いが、
人一倍、強いのだということが分かった

 

思えば、当たり前の結論かもしれないけれど、
その究極の形が「書くこと」で

 

如何なるやり方で、人に読んでもらうか
私の話を聞いてもらえるか
源泉は、そこだったのではないかと思う

 

ほんとうのところ、全然自信はない
もちろん、書くことで食っていけたり、
それが世間的な評価を得られるとは、
全然思えないのだけれど

 

それでも、それをキッパリ辞めるというのも、
ネガティブな逃げ、であるように思うし、
そもそも大学に入ってから常に考えてきたのは、
「書く」ための知識を、いかに吸収するか、ということではなかったか?

 

そしてもう一つ、
今日ふと頭に閃いたのは、
何も無理に「一つの自分」になろうとしなくていい、ということ

 

就活の流れの中で、
自己分析、をして、自分を深く見つめようとするほど、
過去の自分と今の自分の乖離に気づいて、
その真偽を確かめようとしてしまっていた

 

けれど、そんなことは無意味で
矛盾した要素、全てを抱え込んだ、複雑な性格こそが、
私の持ち味

 

だから、より他者に寄り添うことができるし、
そうやっていつも、少しでも誰かのためになればよいと、
そんな願いも込めて、「書き続けてきた」のだ

 

だから、どんなに自信がなかろうが、しんどかろうが、
多分その手をとめては、いけないのだと思う
私が自我と他者との関係を、見つめて、保っていく
そのためのライフラインでも、あるみたいだから

 

4.1.2021

三が日の最終日、友人とともに、小旅行

 

最初はサクッとランチでも、のつもりだったのだけど、
結局一日予定が空いていたのと、
お互いに「水辺」を欲していたのとで、
富士の忍野八海へ出かけた

 

f:id:wannaelfeternal:20210104220950j:plain

f:id:wannaelfeternal:20210104221001j:plain

 

こうやって写真に収めると、中々幻想的だけれど、
実際にはとてもこじんまりした池が、
村の景色の中に、ぽつぽつ、と点在している

 

まあ、湧水なので、
底面までの透き通り方は極上でした

 

 

 

水辺を目的にきた、のではあるけれど
一年越し以上、対面で、ゆっくり話す機会

 

正直、年末年始は自粛ムードであったのは分かっているけれど、
コロナのおかげで、私が3月に帰国してから
本当は真っ先に会うべき理由があったのに、全く会えなかった

だから、このわがままには、目を瞑ってもらいたい

 

彼とは、かなり特殊な関係性
関係の大半を、メッセージのやり取りで構築してしまった、
と言っても過言ではなくて
しかもその大半が、日常のあれこれではなくて、
比較的抽象度の高い議論

 

お互いのことをよく知っているようで、知らなくて
会えなかった期間にも、いろいろあって、
かつ、二人で長い時間を過ごしたこともなかった

 

まあ、どうなることやら、と
会う前まではかなり緊張していたのだけれど
その実、全くその必要はなかったのよね

 

もちろん、とてもとても楽しかったのだけれど、
それ以上に、「ああ、楽だな」という気持ちが先行した

 

多分それは、私が一々アレコレ考えずに喋っても、
遮らずに最後まで聞いてくれるし、大きな曲解はされないだろうという安心感
だし、大まかなセンスでの共通項は結構ある気がする
(お互いに趣味が大衆的ではない割には)

 

自分も相手も、それぞれ何考えているのか曖昧な部分はあるけど
まあ、考えても仕方ないし、それでいいかな、今は

 

十年後くらいにもっとハッキリしたり、しなかったりするのかな、
ということで、笑

 

 

 

そして本日は、たまたま
公開当時からずーっと目をつけていた
レディ・バード”がNetflixのラインナップに追加されていることに気づき、
衝動的に慌ててそれを観はじめる

 

 

レディ・バード (字幕版)

レディ・バード (字幕版)

  • 発売日: 2018/09/20
  • メディア: Prime Video
 

 

 

本当に数ヶ月前まではどこにも上がっていなくて、
ほとほと、困り果てていたから、もう狂喜

 

そして、思っていた通り、いやそれ以上の映画だった

 

あらすじとしては、カリフォルニアの田舎町の
普通(以下)の家庭環境に育った、
“レディー・バード”と名乗るエキセントリックな少女の
高校最後の一年間を描いた青春ストーリー

 

ただ、カバーしているテーマが広範すぎて、
「もうエンディング?」と思うような「転」の場面が
10分毎くらいに訪れる、密度

 

家族(母、父、養子の兄とその彼女)、様々な形の恋、親友、高校、田舎と上京、
男友達、セックス、進学、宗教など
これだけの内容を、一つの脚本にまとめ上げるって
もう、神様としか思えない

 

私は、青春ものが得意ではない
脈々と流れる「キラキラ至上主義」を感じると、
生理的に不快感を覚えてしまう

 

レディー・バードは
「何者でもない自分」とひたすらに戦い続ける
なんでも口に出すし、なんでも行動に移す
でも、物語の主人公だからと、全てがうまくいくわけではなくて、
裏目に出ることも多い

 

自意識は暴れるけど、本当はちゃんと理性もある
その泥臭くもリアルな描写に、
「そうなんだよ、そう、そう……」と
共感して、涙腺が緩むかと思えば、
どう考えても笑うしかない展開が突っ込まれていたり
(そしてまさしく私のツボ)

 

これ、誇張抜きで、生涯見てきた映画のベストかもしれない
あと100回でも観たい

 

欲を言えば、もっと早く出会いたかった
公開が2017年なのだけれど、
自分が小学生とか中学生の時に観ていたかった
きっと、今とその時では、掴み取る部分が違うと思うけれども

  

31.12.2020

あれれ、と声が出てしまう
見事に12月は一度も更新をしていないらしい
そんなつもりはなかったのだけどな

 

まあ、また新たに始めたインターンが本格化したり、
論文の作業を若干したり、ということは予想の範疇

 

しかし、それ以外にも、
面接を受け始めて、通ったり、落ちたりと、
自分にはどうすることもできない要素を多く含んだり
または全く予想外のアクシデントなるものが起きたりして
そういったものに無意識に精神力を削られていたのかもしれない

 

勿論、同期は来年の3月で卒業して、多くが社会人になってしまう
だから、できる限りの時間を共に過ごしたいという思いはあって
ディスニーシーに行ったり、ホテルで一泊したり、
または美味しいものを食べに行ったり

 

 

 

就活に専念するのが良い、という意見が一般的なのかもしれない
でも、なんというか、
確かに就活と真面目に取り組むことは大事だけど、
それだけ続けていると、
視野が偏狭になったり、むしろ追い詰められそうで

将来何するか以上に、
自分が目指している像から、遠ざかってしまう気がする

 

まあ、いいや

 

思うことも沢山あって、
「怒り」の話とか、「自分のしたいこと」の話とか、「時」の話とか
また、次の更新の時に、まとめられたらいいな

 

 

 

インスタをひらけば、今日は
みんなが2020年を振り返っていて

 

まあ、大変なことが多かった一方で、
こんなにも多くの人が、同じ危機に直面したものだから、
感情を「共有」する場面が多かったように思う

 

勿論、それは「分断」を生んだ、浮き彫りにした、という見方も然り、だと思うけど

 

亡くなった人も沢山いるわけだから、
なんとも楽観的なことは言いがたいけど、
人類皆が「一回休み」を食らったような
そして、今まで爆速で変化してきた自分たちの世界と自分たちの存在を
少しでも客観的に、見ることができたのではないかな

 

恐ろしいのは、この後
デジタル化とインターネット化がどんどん加速する中、
新たに生まれた「時間」を、
さらなる効率化のための加速に使うのか、
それとも減速して、人間らしい生活をとりもどすことに使うのか

 

前者だとしたら、悲しいし、
なんというか、救いようのない世の中だな、と絶望してしまうかも

 

けれど同時に、これからどう生きるか、
どんな社会を形作っていくか
それを決めるのは、多分、私たちの世代であり、
私自身だ

 

流されない、流されたくない
誰も、不当につらい思いをして欲しくない

 

そのために必要なのは、やはり
あらゆる手段を通じて、自分が強かになることだ

 

勉強すること、あらゆる物事を理解しようとすること

 

本当に不毛と思える瞬間も少なくないけど、
あきらめないことが、最終的には大事だと思う

 

もっと具体的なところでは、
「ちゃんとアウトプットをする」ことを意識したい

結局、どれだけやっても、
必要な時に出せなければ意味ないし、
もっと言えば「出していなければ証明できない」ということを
就活などをしながら思い知った

 

自分の内面に溜め込んで、分かった気になっているだけで、
それで終わっている物事は、実は理解できていないことが大半なのかもしれない

 

私は、自分の思考や趣向を他者に話すことを常に恐れてきた
飛び込むことに対しては、そこまで躊躇しなくなってきた今、だから
こうした取組を意識的に行うことが、重要なのかもしれない

 

 

 

とまあ、新年の抱負のようなものをつらつらと書いたけど
(新年の抱負って、新年になってから考えるんだっけ?)

去年の抱負は、
「自分が“何をしてもらったか”に敏感な人間でありたい」だったのか
きっと普通通りの年だったら、
もっと、人と関わったり、助け合ったりしていたのだろうなぁ
などと思うけど、
それでも、何気なくこのことは頭の片隅にはあったように思う

 

理解する努力を諦めないこと、ちゃんとアウトプットをすること
難しいと思うけど、2021年も実り多く、後悔のない一年になりますように

 

f:id:wannaelfeternal:20201231183831j:plain

 

これは、今年の自分へのクリスマスプレゼント
入手したバックグラウンド、端正なデザイン、共に最高で
こういう個人的な「物語」も一つひとつ、大切にしていきたい

 

25.11.2020

選考の過程で、Webテストを受けさせられるたびに、
自分の性格検査の選択肢に、むむ、となる瞬間がある

 

根気強いか、飽きっぽいか?
これは散々私の中で内なる自分と協議してきたことだけど

 

確かにこの四年の間、
無意味とも思えるほど愚直にドイツ語を頑張ってきた、
中高でも六年間同じ部で、
別に好きでもないソフトボールを頑張ってきた
その前の受験勉強だって、
中々根気強くやってきたのではないだろうか

 

一方で、私はバイトも年単位のスパンで
コロコロと変えているし、
結局書き続けているweb小説は未だに未完だし、
サークルにコミットすることもなかった、
数年愛し続けたコンテンツに、ふっと情熱が消えることもあった

 

こうした有象無象を、わずか数秒の間で分析して
結論を出すのは不可能で、
でも今まで強みとして挙げてきたことがあることも手伝って、
結局いつも「私は根気強い」ということにしている

 

そうしたことを、何気無しに考えていた今、
ふと私は「終わりを惜しく思ったことがないな」ということに
思い当たった

 

まあ、思い入れが大してなかった、ということもあるのかもだけれど
小学校も、中高も、
卒業前に「卒業したくない!」と喚いている同級生の方を
内心首を傾げてみていたし

 

流石に大学に進んで、たくさんのいい人々と出会って、
思い入れはできたものの、だからと言って
「卒業したくない!」とはならないのである

 

ディズニーランドや旅行に行った時も、
「この時間が終わらなければいい」なんてことを思ったのは
かなり稀で、
最後にはちゃんと、日常に戻る用意ができているのである

 

象徴的なのは、
週末や長期休暇に入る時、
周りが楽しそうにしている中で、
私も微笑みながら、しかし一人で「あと二ヶ月」と
カウントダウンを密かに始めていることだった

 

一体、これが何を意味するのかといえば、
不思議かな、自分に対する評価軸はもっぱら「他人軸」
であるにも関わらず、
時間に対しては、恐ろしいほど主観的なのだった

 

全ての時を、思い出という意味で惜しむことがないのは、
自分が過ごした時間に対して、
同じく形式的にピリオドを打っていない
全ての時間は、ひと続きで、
それは私自身と同義であると思っているからだ

 

つまり、小学校にいようが、中高にいようが、
大学生であろうが、ドイツにいようが、働きに出ようが
「私は私でしかない」のだ

 

時の流れについて、淡白すぎるほどに現実的な私は
思い出という魔法で美化された編集を、毛ほども信じていない

 

「青春」という言葉は、そういえば嫌いだった

 

その時代の自分が、キラキラしていなくてはならないと
また、キラキラするための行動を取らなければならないと
一種の同調圧力にさらされている、そんな気分だった

 

『想像の共同体』でも触れられている通り、
私たちの国家の構成要素は、想像によってつながりを維持しているに過ぎない
そしてこれは、国家に限らない
どんな集団でも、お互いのことを全て見通せない以上
想像の中で関係を維持しているに過ぎない

 

私は、そうした想像を、人ほどに信じられないのだと思う
だから、組織にコミットすることを難しく思う

 

主観的時間に敏感な私は、
組織によって我が時間を奪われることに対して、
激しい嫌悪と恐怖を感じるのだと思う

 

最近、確か朝日新聞の「折々のことば」の特集ページだったと思うけど
「人にかけがえのない時間を、与える」という趣旨の言及があって
私は、ハッとした

 

確かに、時は金なりということわざはあるけれど
時間は、お金では買えないし、
多分、私の中で何よりも大切にしているもの

 

それでも、それも他人に分け与えなければいけないんだ
それが、ほんとうのやさしさなんだ、と

 

時間に対して貪欲になり過ぎていた自分を、少し恥じた
けれど、自分と同じくらい時間を大切に思っている人がたくさんあることを知って、
少しだけ、安らいだ

 

ここから導出できる結論として
私は、自分の時間に対して何よりの価値を見出しており、
それはおそらく、
私であるという存在、世界観を形作ることをライフワークとしている

 

だから、そのライフワークに適合する行動に関しては、
愚直なほどに、根気強くなれるし

反対に、そのライフワークに反映されない、
ないしは破壊するものに対しては、
非人間的なほど、淡白で、簡単に手放してしまう

 

ということが、言えるのかもしれない

 

f:id:wannaelfeternal:20201125173554j:plain


どれだけ私が目にした美しいものを、美しく残せるか
それを、いくつかの人と共有することができるか
写真を取ることも、私のライフワークの一つに、おそらく入るのだろう

16.11.2020

昨日、人生初めてのTOEICを受験して、
今日からはぼちぼち、
独検準一級の勉強をはじめなければ

 

再来週も一つ試験があって、
その次の週が、独検

 

全く、毎週テストを受けているみたいじゃないか、と
受付を待ちながら苦笑してしまった

 

TOEICの手応えは、うーん
よく分からない、というのが正直なところだけど
いつも本番は100%の力が出せないから、
初めてというのもあるし、
どんな結果が来ても、あまり引きずらないようにしたい

 

それにしても、最近ぼちぼち落ち込むのは、ドイツ語
史書を扱っている授業で当てられても、
その場でうまく訳せないし

 

文法や語順も、理論は分かっていても
どこか見落としてしまっていて、ミスばかり

 

これは、ドイツ語「できる」とは言わないよなぁ、
と苦笑、で済めばいいけれど
内心不甲斐ない自分に、イラついている

 

イラついていてもできるようにはならないけれど、
やっぱりやればやるほど、
過去の自分には、物事と向き合う「真剣さ」が足りなかったんじゃないかって

 

それでも精一杯やっていたつもりなので、
要領というか、絶望的にセンスが欠けているのもあると思う

 

努力で補えないものはない、って信じているのとはまた別に、
「能力が低い」と自覚するのには、堪えるものがある

 

 

その流れで、とはなんだけど
最近、本当に志望するのは出版でいいのかな、という疑問が湧いている

 

というのもまず、
本に対する自分の「好き」が、
仕事にするのに耐えるものなのか

 

そして自分のしたいことって、
出版業界で求められていることなのか、
達成しうるものなのか

 

そして、万が一その業界に入ったら最後、
他の業界に出入りしたり、海外に飛んだりするのは
スーパー難しいだろうな、というフレキシブル性の薄さ

 

それから、最近ちょっと
ブランディングやPR業界にも興味が湧いてきたこと

 

色々、考えるところはあって
でも、長年考え続けてきたことだから、
“本”、ないしは“文化”に関わる物事を仕事にする
その前提を抜け出すことは、私にとっては、
コペルニクス的転回に等しい

 

ゆっくり考えようにも、そろそろ時間がないけれど
考え抜いたところで結局、ご縁というものもあるから
なるようにしかならないように、思うけれど

 

 

 

そして、
論文を早く書き上げてしまいたいことを考えると、
やっぱり毎日時間を決めて取り組むのが最善、
という結論に自分の中で落ち着き

 

目標は二時間、最低でも一時間は
論文と取り組むことに決めた
あとは読んで、ひたすら書くだけ、が基本だと思うし

 

それに、こういうものは、
一気に取り組むのが本当は一番いいけれど、
それは、自分が考えていた思考とか、次の手順を
二日、三日空けると簡単に忘れてしまうからだ

 

ちょっとずつ、忘れないように
コツコツと
一番苦手なことだけど、
全てを同時に終わらせるには、そうするほかない

 

f:id:wannaelfeternal:20201117003127j:plain

 

バルト三国をテーマにした論文なので、
つい去年の旅行のことが頭に思い浮かぶ

 

孤独で、なんとも自由な時間、
二日酔いにふらふら、
リガの街並みを歩いたとき
耳元を流れていたのは、
The Big Moon だった

 

だから、完全にサウンドはブリティッシュなのに
(しかも今見たら、MVはウエスタンだし、笑)
聞くたびに三国、特にリガを思い出してしまうのだった

 

私の耳は、センスに欠けているのだろうか

 


The Big Moon - Sucker (Official Video)